販売員への転職と先読みの力

Yahoo! JAPAN

SITE NAVI販売員への転職と先読みの力
販売員への転職と先読みの力

販売職への転職は安易に考えないで

転職というのは人生において大きな岐路となる。今まで勤めていた仕事からもう一段階上のレベルの業務に転職する人もいれば、思い切って全く未経験の別の職種に転職する人もいるだろう。販売職というのは、求人が多いように思う。物を売る仕事というのはとても難しい。どんな無理難題であってもそつなく対応をすることが求められるし、なおかつ複数の要求に同時に答えていかなければならないテキパキした処理能力も求められる。個人的にはとても高度な仕事だと感じている。

私は以前、販売職にアルバイトとして勤めた経験がある。とても難しい職種だった。前述のように、そつなく対応する力とテキパキした処理能力が私には圧倒的に欠けていた。また、並行して数字をあげる、つまり物を多く売ることも求められてくる。私には能力が圧倒的に欠けていたため一週間でアルバイトをやめてしまった。販売職のなかでも自分の憧れの分野だったので自分にも出来るだろう、と思っていたが考えが甘かった。販売職には様々な種類がある。洋服を売る、惣菜を売る、数え上げればキリがない。そのなかのどの販売職も簡単なものは一つもない。サービス業が非常に増えてきている昨今、販売職は低く見られがちであるが、高度なスキルの求められる職種なのである。

今後、販売職への転職を考えている方はまずは自己分析をすることからはじめて欲しい。本当に販売職に適性があるのか、ということを見極めてほしい。その作業を怠り、転職をしてもすぐに退職するということになりかねない。

Copyright (C)2018販売員への転職と先読みの力.All rights reserved.